朝から電車で酒臭い~って公害じゃない!

 

内視鏡検査の為、前日からの下剤が効いた状態の体を提げて、京阪電車の普通に乗った。

しばらくしたら座れたし、メデタシメデタシ

 

 

と、ならないのがアタシの人生。

 

後から隣に座ってきたスーツ姿のおじさんが、

とっても酒臭いのだ!

 

 

二日酔いだと思う。←なんて表現がいいのかわからないが、からだの奥から放たれる酒臭さだったからね。

 

入院目的の外出で化粧なしのアタシは、

マスクをして日焼けをカバーしていたのだが、

 

マスクしていても、

隣のおっさんの酒臭さがわかるのだ!

 

ってぐらい臭い。

 

お腹がゴロゴロ鳴ってて、痛くて冷や汗が出ているのに、

隣のおっさんからの悪臭!

 

まるでコントだぜ!

 

 

ただただおっさんが電車を降りるのを待つばかりなのですが、

 

おっさんは降りませんのよ。

 

ず~っと隣。

 

アタシが降りる駅まで一緒ということは絶対ないはずなんだけど・・・

 

そこまで行くなら特急か急行に乗り換えるよね?

 

でも、

 

結果的には

 

アタシが乗っていた区間の7割ぐらいは隣で

悪臭を放っていたのだ。

 

もうさ~

 

朝から電車の中で酒臭いって!

 

公害だと思うわ!

 

 

公害と思うぐらいの酒臭さを浴び、

ダブルの苦痛にもて耐え、

ギリギリ9時の受付に間に合いました。

 

あ~苦しいかった。

 

40分?もの悪臭!

立っていられるなら、絶対にこんなおっさんから離れてるわ!

 

 

朝から酒臭い状態で出勤するって?

自己管理をしっかりしようよ!

と思いました。

 

 

 

 

次はやっと病院に着いてからの話に入ります。